クレジットカード現金化をするための条件とは?

クレジットカード現金化は【2つの最低条件】さえクリアすれば審査不要!

クレジットカード現金化には審査がないって本当?

一般的にクレジットカードを作る時やローンを組む時は、個人信用情報機関で審査があります。
審査を通過しないとクレジットカードは手に入りませんし、ローンを組めないとお金も手に入りません。
しかし、その審査には現在の年収や過去の借金に関する情報などがもとになってくるので、人によっては、審査を通過できない場合もあります。
ただ、現金化においては審査がないという噂がありますが、それは本当なのでしょうか?

2つの最低条件さえ満たしていれば、OK!

結論を先に言ってしまえばクレジットカード現金化では2つの最低条件さえ満たせば、ほかのクレジットカードや銀行ローン、消費者金融ローンのような審査はありません。
しかもその2つの最低条件とは、こんなの当たり前でしょ?と思う人がほとんどだと思います。

条件①:カード名義人と申込人が同じであること

現金化に限らず、クレジットカードはカード名義人以外の利用は、買い物でもカード規約で禁止されています。
そのため例えば、奥さんが旦那さんのカードを使って現金化を行う、姉が妹のクレジットカードを使って現金化を行うということは家族間であってもやってはいけないことです。
自分が学生や無職などの理由からクレジットカードの審査が通りにくい方は、クレジットカードを使っているご家族にお願いすれば、メインカードの付属の家族カードならば、作られる可能性は高いです。
家族カードはサブカードといえども、名義人は対象の家族名義になるので、その方からの申し込みならば、現金化でも利用可能となります。
ただし、請求はメインカードをお持ちの方にいってしまいますので、現金化を利用する前に、一度その方に相談しないとあとでトラブルになる可能性もあるので気をつけましょう。

条件②:ショッピング枠が希望額分あること

現金化に一番必要なクレジットカードは、すでに利用額がいっぱいだと、当然のことながら使えません。
たとえキャッシング枠がいっぱいでも、ショッピング枠さえいっぱいになっていなければ使えます。
1枚のカードで利用額に届かない場合は、複数枚利用することも可能です。
ただし、キャッシング枠がすでにいっぱいになっている状態だと、カード会社に現金化で使うのではと疑われやすいので注意が必要です。

どうして審査がないの?

お金を返してもらえないと業者にだってリスクは高いはず、なぜ審査をしなくても現金化業者はお金を振り込みしてくれるのでしょうか。

業者にはリスクがあまりないから

一般的なローンではお金を貸してくれる期間と利用者の2者で行われますが、現金化の場合は、カード会社もかかわってくることになり3社間となります。
現金化業者は、一見手続きして、すぐに自分の資金からお金を振り込んでくれると思われがちですが、振り込みは利用者がクレジットカード決済を確認してからということになります。
業者は利用者以上に信頼のおける各カード会社から決済をうけ、お金を受け取っている中から、手数料や業者の利益分を引いて利用者に振り込みをしているだけなので、業者にとってはこのあと利用者がお金を月々返済できようが、できまいが、困ることはないのです。
どちらかと困るのは、返済がなかなか思うようにいかない利用者の方と現金化を禁止しているカード会社となるのです。

審査があるといってくる業者に注意!

まとめとしては、現金化には2つの最低限でクリアしなければいけないことはあっても、審査はないということになります。
ここで注意しなければいけないのは、業者の中には審査があるといってきて、審査手数料を請求してきたり、クレジットカードの両面の画像を請求してきたりする業者もいるということです。
これらの業者には悪徳業者の気配がぷんぷんしますので、あまり取引はおすすめしません。現金化をする時には、審査のない優良店を選びましょう。