クレジットカードのリボ払いについて知っておこう!

クレジットカードのリボ払いについて、ちゃんとわかってる??

クレジットカードのリボ払いって聞いたことはありますか?
そう、なんだか巷では危ないとか使うなという話をよく聞く、悪名高いリボ払いのことです。
実際に使ったことのない人の中には噂ばかり聞いて、よくわからないまま怖くなっているという人も多いのではないでしょうか。
でも、きちんと仕組みを知ってしまえば、リボ払いもそれほど難しいものでもありませんし怖いものでもありません。
クレジットカード現金化と組み合わせることもできるので、きちんと理解して使えば生活にゆとりを生み出すこともできますよ!

クレジットカード現金化について詳しく知りたい方はこちらから

リボ払いの二つの方式を理解しよう!

クレジットカードのリボ払いは基本的に大きな金額を返済する場合に、月々の返済金額を少額にして無理なく返済していきましょうというものです。
クレジットカード会社が一時的に支払いを立て替えてくれるとは言え、一括や数ヶ月の分割では大きな金額の買い物は難しいですから、こまかく返済するプランを提供してくれているというわけなんです。
小規模なローンというイメージを持っていただければ、少しわかりやすいかもしれませんね。
そのリボ払いには、大きく分けて「残高スライド方式」「定額方式」の二つの仕組みがあります。
定額はわかるけど、残高スライドとか言われてもなんだか難しそうと敬遠してしまいガチですが、それほど複雑なものではありませんので大丈夫ですよ。

「残高スライド方式」について

リボ払いにおける「残高スライド方式」というのは、簡単に言ってしまえばクレジットカードで利用中の金額に応じて返済額も変えていきましょうね、というものです。
まず、「残高スライド方式」の契約時に基本となる返済金額が5,000円などと決められます。
それを基準に、例えば10万円や20万円以上利用した場合、返済金額が5,000円のままだと利息が大きくなって返済が長くなるので、返済金額も7,500円や1万円など無理のない範囲で増やしていきましょうということです。

「定額方式」について

対して、「定額方式」というのは「残高スライド方式」と違って、利用金額に関わらず一定の金額を返済していく方式。
例えば、返済金額を5,000円で契約したのであれば、どれだけ利用額が増えたとしても返済金額は常に5,000円のままです。
これだけ聞くと「定額方式」の方がいいじゃないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、常に返済金額が一定ということは、利息の割合が増えていくので借り入れの元本が全然減らないということでもあるということを抑えておきましょう。

正しく使えばリボ払いも怖くない!

以上がリボ払いにおける二つの返済の仕組みについての解説になります。
リボ払いが危険と言われている理由は、無理のない少額の返済を長期間続けるので返済が完了する前に次の借金をすることが多くなり、その結果として、借金が膨れ上がり返済不可能な金額に達してしまうということが起こりうるからなのです。
必要以上にお金を使わないという自制心と自分が今いくら借り入れしているのかという当たり前のことを忘れなければ、知らないうちにが増えることはありませんので、リボ払いも怖くありません。
ショッピング枠を現金化した際もリボ払いでの返済を使用可能ですから、正しく賢く計画的に利用することをオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です