比べてみよう!クレジットカード現金化とキャッシング

金利から見る現金化とキャッシングの比較!

現金がどうしても必要な時、親戚や友人にお金を借りることもできず、キャッシングを利用しようか、クレジットカードを使って現金化を利用すべきか多くの人が悩むでしょう。

どんな人でも、できるだけ現金をお得に手に入れたいものです。

そこで、キャッシングと現金化を利用して、様々な金額の現金を手に入れる場合を比較してみたので参考にしてください。

まずルールとして現金化の業者は平均的な値である換金率90%、キャッシング金融業者の金利は法律で定められているそれぞれの率を採用します。

利用額1万円の場合

金融業者は10万円未満なら年金利20%まで請求できるので、1か月で1万円を返済すると、

利用額1万円+1万円×0.20×30÷365=10164円

となり、キャッシングの場合は10164円返せば良いです。

それに対して現金化の業者は1万円欲しいと思ったときにクレジットカードで商品を購入することで手に入れることができるので、すぐにお金を請求されることはなく、次の値段をクレジットカードの返済日に請求されます。

返済金額は

利用額1万円÷0.9で11111円

となり、クレジットカード現金化の場合は11111円必要となります

一見すると、キャッシングの方がお得のように思えますが、キャッシングは延滞すると損害金として、年29.2%の金額を請求されますし、借金をしているのでイメージがあまりよくありません。

それに対して現金化はショッピングをしただけなので、イメージが悪いということはないです。

利用額20万円の場合

金融業者は20万円の場合は年金利18%まで請求できるので、1年で20万円を返済すると考えると、

利用額20万円+20万円×0.18で236000円

となり、キャッシングの場合は236000円返済する必要がなり、返済が遅れると損害金として、さらに年26.28%の額が請求されます。

一方、現金化では、

利用額20万円÷0.9=222222円

となり、現金化の場合では222222円が必要となります

金利が発生することなく、損害金も発生しないのでこの値段で現金を手に入れることができるのです。

また、分割だとしても5%弱しか発生しないので10000円払うだけであり、キャッシングを利用するよりもお得だと言えます。

まとめ

以上のことから少額ならキャッシング、高額なら現金化を利用することで、お得に現金を手にいられるということが、おわかりいただけたでしょうか?

場面ごとでどちらを使うかを使い分けられるようになればいいかもしれません。
クレジットカードを持っているのなら、一度は現金化のサービスを利用してみてくださいね。

クレジットカード現金化を詳しく知りたい